雇用保険料率が引上げ、2023年4月から1.55%に増額!

雇用保険料率が引上げ、2023年4月から1.55%に増額!

雇用保険料率は現在1.35%(一般の事業)ですが、2023年4月から1.55%に引き上げとなります。

内訳は労働者負担分が現在0.5%から0.6%に、事業主負担分が現在0.85%から0.95%に、それぞれ0.1%ずつ引上げとなります。

コロナ禍で雇用調整助成金の支給が増え雇用保険の財源不足が問題となっていることを踏まえ、財源基盤の安定のためこれまで暫定的に引き下げていた料率を原則に戻すとのことです。

令和5年4月1日~令和6年3月31日までの雇用保険料は以下の通りです。

  • 失業等給付等の保険料率は、労働者負担・事業主負担ともに 6/1,000に変更になります(農林水産・清酒製造の事業及び 建設の事業は7/1,000に変更になります。)
  • 雇用保険二事業の保険料率(事業主のみ負担)は、引き続き 3.5/1,000です。(建設の事業は4.5/1,000です。 )

労働者、企業ともに雇用保険の負担が増えます。
給料計算の際には雇用保険料が天引きされますので、ご注意ください。

■参考リンク
厚生労働省「令和5年度雇用保険料率のご案内」

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっておりますのでご注意ください。

関連記事

  1. 就業規則を変更した際の届出に係る適切な手続きに関する情報! 就業規則を変更した際の届出に係る適切な手続きに関する情報!
  2. 事業展開等リスキリング支援コースが人材開発支援助成金に追加! 事業展開等リスキリング支援コースが人材開発支援助成金に追加!
  3. 2023年4月より出産育児一時金が50万円に増額されます 2023年4月より出産育児一時金が50万円に増額されます
  4. 36協定(時間外労働・休日労働に関する協定)のよくある質問 36協定(時間外労働・休日労働に関する協定)のよくある質問
  5. 36協定(サブロク協定)を遵守するために確認すべき実務上の注意点は? 36協定(サブロク協定)を遵守するために確認すべき実務上の注意点…
  6. 民間企業における障害者の法定雇用率が大幅に引上げられます。 民間企業における障害者の法定雇用率が大幅に引上げられます。
  7. 労働条件の明示ルールにおける2024年4月からの変更点まとめ! 労働条件の明示ルールにおける2024年4月からの変更点まとめ!

最近の記事

  1. 36協定(サブロク協定)を遵守するために確認すべき実務上の注意点は?
  2. 就業規則を変更した際の届出に係る適切な手続きに関する情報!
  3. 労働条件の明示ルールにおける2024年4月からの変更点まとめ!
  4. 事業展開等リスキリング支援コースが人材開発支援助成金に追加!
  5. 36協定(時間外労働・休日労働に関する協定)のよくある質問
PAGE TOP